So-net無料ブログ作成

点滴の力&汗庖 [妊娠期間]

35W2D(9ヵ月目)
heya.jpg

産科のベットが空いたので、病室のお引っ越しをしました。

婦人科の病室のカーテンはクリーム色だったけど、

産科のカーテンは薄ピンク色でした。可愛いイメージ☆

なんだか昇格したような気分(*^_^*)

同時に、点滴の投与量も1時間に35mlから40mlへと昇格してしまいました(T_T)

全然良くなってないんだ。ちょっと悪化ぎみ(--;)

点滴してるから生まれちゃう事はないから安心だけど、

週2回のシャワーの時だけは点滴を外すようなので、

小心者の私は、生まれちゃったらどうしよう(゜д゜;)と、ビクビクしながら

今までに無いくらいの猛スピードで入り、まだ髪から水が滴ってる状態で

ナースステーションに飛び込み、

『て、て、点滴お願いしますっ!!Σ( ̄□ ̄;)/ 』

って言う私に、看護師さんは

『ぴょんぴょんさん、そんなに急がなくても大丈夫ですよ(^^;)
薬はそんなにすぐには切れないからw』

と、言います。

だけど毎回、猛スピードで出てきてしまいますw

点滴に繋がれてると気持ち的にも安心! …なんだけど…

最近点滴漬けで血管がクタビレてきてて、血管から漏れてしまい、

痛くてその度、違う場所に差し替えるのですが、最近は頻繁で、1日1回差し替えてます。

だから腕は針の穴だらけ。液漏れで腫れ上がってるし、ズキズキするし(x_x;)

だんだん刺す所もなくなってきてしまったぁ(^^;)

退院まで、あと2~3週間の我慢だ!

いや~、それにしてもぴょん吉は、お金のかかる子ですw

不妊治療費で赤字になって、重症悪阻入院と切迫早産入院でも大打撃☆

先月分の支払いはギリギリ出来たけど、

今月分の請求が来たら、その半分も払えんです(>_<)内職でもしたい気分w

モヤシ君もお金の心配をしているんだろうなぁ(´д`)ハァ…。

最近またいろいろありました(´・ω・`)

今度書こうと思います。

それから先日、突然に手のひらがボロボロと皮がたくさんむけてしまいました。

見た目は手のひら一面にぎっしり水虫みたいな感じ(爆)

えっ、寝たきり生活なのに、まさかの水虫?Σ( ̄□ ̄)!

恥ずかしくなってきた(////)

ここは総合病院!

ナースコールで呼んで車椅子で皮膚科に連れて行ってもらいました!

先生『あはは(^o^)水虫じゃないよ、汗庖(かんぽう)ね。
季節の変わり目に皆さんよくこうなるんですよ。
皮膚の下に汗をかいて、その水疱が破けてこうなるんです。
薬はやめて保湿クリーム出しておきますね。』

なーんだ(^_^;)よかった~。

初めて汗庖になったのでびっくりしちゃいました。



活力がほしいよ~(>_<)
そしてベビ待ちしている方の所にも早く来てくれますように。
パワークリック(*´・ω・`)σ ポチッと☆お願いします[ひらめき]
↓  ↓  ↓
マタニティーブログ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ


2010-05-28 04:43  nice!(13) 

不妊から、授かれた理由…? [妊娠期間]

32W1D(9ヵ月目)


切迫早産と診断されて、そのまま入院になったんだけど、

産科のベットが空いてないから、婦人科の病室にいます。

今朝6時半頃、私の隣のベットに20代前半の方が慌ただしく車椅子で運ばれてきた。

彼女は、ウーウー唸って苦しそう(>_<)

先生が来た!
カーテン越しに耳を澄ましている私(爆)

先生『ここらへんが痛いの?』と、押してみる。

彼女『う゛あ゛ーーーっ!痛いっ!もう触らないでください(>д<)』

先生『エコーでみてみるね』

彼女『う゛あ゛っ!!』

どうやらエコーをあてるだけでも激痛の様子。
部活中にキツいストレッチをしてから痛くなり始めたそうです。

先生『卵巣と卵管のあたりに腫れがあって、
それがねじれてしまったから痛いんだね。
すぐ手術しましょう!一時間程度で終わります。
ただ…、お腹を開けてみないとわからないのですが、
もしも卵巣や卵管に癒着してしまっていたら
卵巣や卵管も摘出する事になるかもしれないですのでご了承ください』

彼女『え!不妊になるの?!』

先生『不妊には、なりません。
もう片方が機能しますから、生理もくるし、妊娠もできます。』

彼女『よかった…』

この会話を聞いて、なぜか涙が出てきてしまいました…。

まだ学生のうちでも、不妊を意識するものなんだね。

私は不妊症になってから不妊症を知ったし、

それまでは簡単に妊娠できるものだとも思っていたから、

現実を知って、かなりショックでした。

若いうちから不妊の心配をするなんて

若い子には荷が重すぎる気がして、気の毒になるなぁ。


先日、妹がどこかの占い師の所に行ったらしく、私の事もみてもらったようです。

悪い結果ではなかったから、報告メールをしてくれました。

妹『切迫早産だし、心配だったから占ってもらっちゃった。ごめんね。
結果は、
6月か7月にうまれる。元気な男の子だから大丈夫。

旦那と不仲。旦那は極端によく喋る人か無口な人。
○年前にとても大変で最悪な年だったはず。
だけどその時にたくさん頑張ったから、子供を授かる事ができた。
って、占い師に言われたんだよ!
あたし○年前の事も言ってないし、○年前ってちょうどあの事件の時だよ! お姉ちゃんがあの時、必死に頑張って守ってくれたから、
遅くなったけど、赤ちゃんが来てくれたんだね♪ 神様からのご褒美だよ。』

じゃぁ、あの母の事件の時、嫌気がさして背中を向けていたら、

ぴょん吉は、一生来てくれなかったのかなぁ…(゚Д゚;)

あの時は、ほんとに辛かった。今でも思い出すと胸が詰まる思いだけど、

そのご褒美に授かれたなら、あの時の辛さが少し和らぎます☆

何もしなくても簡単に授かれる人もいれば、

試練を与えられて、クリアしなければ授かれない人もいて、

人それぞれだと思うけど、

やっぱり人間は不平等なんだと思った。

昔、私が働いてた職場にいた爺さんがこんな事を言ってた。

『人は、癌になったりして、死ぬのが怖いと思うのは何故だと思う?
人間は不平等だからだよ。
もしも地球が滅びたりして一人残らず同時刻に皆が死ぬなら、
死ぬことは大して怖くはないものなんだよ』

と言ってたのを、今でもよく覚えてます。

私は、そうなってみないとわからないけど、すごく気になったお話でした。

このお爺ちゃんは、昔、あのコンコルドに乗ったことがある、珍しいお偉いさん。

変わったお爺ちゃんでした。

少し話が脱線しちゃったw
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

やっぱり、このまま36~37週まで退院できない気がしてきた(T^T)

お腹の張り止めのウテメリンという薬液を、点滴(ブドウ糖)に混ぜて、

入院初日は1時間に30ml投与。

それが今では1時間に35ml投与。増えちゃった… orz

原因は、子宮頸管長が日々短くなってきていること(爆)

私の週数からすると、子宮頸管長が3~4cmあるのが普通みたいです。

私は…
入院初日は2.8cm。
その1週間後は1.9cmΣ( ̄□ ̄)!

点滴している間は生まれる事はないから大丈夫みたいだけど…。

毎朝、切迫早産の人は内診があって、いつも10人くらい順番待ちをしています。

点滴の機械は、1時間の投与量が電子で表示されているので、

皆さんのを覗くと、少ない人で15ml、多くても30ml…。

やっぱり退院は、程遠い気がしましたー(T∀T)あはは。



少しはよくなりますように。
そしてベビ待ちしている方の所にも早く来てくれますように。
クリック(*´・ω・`)σ ポチッと☆お願いします[ひらめき]
↓  ↓  ↓
マタニティーブログ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ


2010-05-06 23:21  nice!(14) 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。